カポタスト1)( “メインフレット”)またはカポダストロ( “メインスター”)から。 17世紀からギターやマンドリンなどの弦楽器、後にウクレレに使用されるカポは、特定のフレット(げん)を同時にかつ常に指板(しばん)に押し付けることができる一般的な道具です。 これにより、すべての弦の振動が一様に短くなり、弦のトーンが高くなります(クロマチックにチューニングされた楽器:フレットごとに1半音が高くなります)(ピッチオフセット)。 これにより、ピッキングパターンを変更しなくても、別のキーで演奏することができます。 そのため、カポは可動ナットのように機能します。

ビデオ


Oliver Juliet: I'm Gonna Be (500 Miles) (2017)


Got A Ukulele: Reviews – Capo Roundup (2016)


TenThumbs Productions: How To Use A Capo (2014)

事例: Shubb L9 Lightweight Aluminium Ukulele Capo

Shubb L9はフレットボードに固定されています。 パディングはウクレレをダメージから守ります。 止めねじを使用すると、クリップを首の太さに合わせることができます。 軽量版ではたったの20gです。

live.staticflickr.com_5455_17240739879_7cddb0b38e_c.jpg
live.staticflickr.com_7732_16804411184_1545363083_c.jpg
live.staticflickr.com_5454_16804435014_b348ea6238_c.jpg

1) イタリア語でセハも指しています。