握り手の1本の指で押されるのではなく、自由に振動する(げん)。 結果のはこの弦のチューニングに対応します。 Aの弦はA(シ)、Eの弦はE(ミ)など。